OEMって何?研磨加工や切削加工とは?美容機器の製造におけるミニ知識を解説

家庭用美容機器は出荷台数も多くなるので量産対応が可能な工場で製造される

以前の家庭用美容機器は高級品という扱いで、持っている人は富裕層に限られていました。
あまり出回っておらず、オーダーメイドでつくられていたケースも多いです。
しかし時代は変わり、現代ではとても多くの人に使われています。
その背景にあるのは美意識の高まりと、美容業界における競争の激化です。
つまり、美容機器の需要が大きくなっており、そこに顕著なビジネスチャンスが生まれているというわけです。
そうなると、できるだけ出荷台数を増やすのが当然の流れです。
量産体制の構築にどこのメーカーもリソースを割いています。
特に重要なのが工場の用意であり、量産が可能なところを厳選して押さえなければなりません。
工場を建築するケースの他に、既存のものをレンタルするメーカーも増えています。
少しでも出荷台数を増やすため、工場のクオリティはとても重視されるようになりました。
効率的なライン作業が可能で、オペレーションが簡単であることも条件です。
新製品の製造ラインをスムーズに確保できる必要もあります。

ODMで製造することもできる各種の美容機器

美容機器はODMを利用して製造することもできます。
ODMとは、Original Design Manufacturingのことです。
日本語に翻訳すれば、「独自のデザインを使用した製品製造」という意味になります。
この方法の特徴は、仕事を依頼する人が製品の企画と販売だけをおこなうことです。
製品を設計したり製造したりする仕事は、受注先の会社が担当します。
こうした方法で美容機器を製作することのメリットは、不要なコストをかけずに製品を作ることができることです。
製品の設計や製造を自社でおこなう場合には、そうした仕事を担当できる専門のスタッフを雇う必要があり、人件費だけでも多くの費用がかかります。
ですが、製品の設計や製造を全て外部に委託すれば、不要な社員を雇用する必要もないため、人件費を大幅に削減できます。
製品を自社で製造したい場合には工場などの生産設備も所有する必要がありますが、製造を外部に委託すれば、こうした設備の維持費用もカットできます。

美容機器に関する情報サイト
OEMとOEDって何?

こちらのサイトは、OEMやOEDとは何を意味するものなのか、初心者にもわかりやすく言葉の意味についてご紹介します。これらは美容機器の製造におけるミニ知識として把握しておきたい部分で、他にも切削加工や研磨加工などの意味や特徴についても触れていきます。なお、このような設備は主にエステサロンなどのお店で導入が行われるけれども、人の体に作用される製品になるので法律に関してもある程度把握が大切ですし、家庭用タイプは出荷台数が多くなることから量産ができる工場で生産されるケースが多いのです。

Search