OEMって何?研磨加工や切削加工とは?美容機器の製造におけるミニ知識を解説

美容機器の製造販売における法律について

美容機器は、肌を含めた体の構造や機能に影響を与えない者、一般的には美容を目的とした利用用途で使用される製品の総称です。
この場合の美容とは、洗顔や化粧品を塗るなどの動作に対する代用程度になるもので生えている毛を物理的に処理するような脱毛マシーンや皮膚のシミおよびソバカスを取り除いたり、新陳代謝促進や脂肪燃焼など身体の構造および機能に影響を与えるものは医療機器に該当する可能性が高いなど広告などの表記には十分な注意が求められます。
美容機器に相当するものか、それとも医療機器に含まれるものであるのか、これは薬機法と呼ぶ医薬品・医療機器などの品質や有効性および安全性の確保などに関する法律で、美容機器を販売する際に関与して来るものです。
仮に、海外から美容機器を購入して販売するときなども、薬機法の法律があることを十分理解しておくことが大切ですし医療機器に分類されるものはエステなどのような医療行為ができないお店には販売ができません。

美容機器を導入する上での注意点と正しい選び方

美容機器を導入する時には、いくつかの注意点があります。
まずはランニングコストであり、ランニングコストに問題があると使い続けることができません。
機能と価格を照らし合わせてみて、コストパフォーマンスに優れているかもチェックし、メンテナンスの有無についても確認しましょう。
メンテナンスがついていない美容機器ですと、すぐに不具合が発生してしまった時でも泣き寝入りするしかありません。
良心的なサービスを提供する会社では、メンテナンスの部分もしっかりと対応してくれますので、安心して導入できます。
アフターサポートの内容に関しても詳細にチェックし、導入後のサポートもあると、よりスムーズに使い始めることができます。
初めて使う美容機器の場合には導入時に戸惑うことが少なくありませんので、何らかのフォローがあった方がスムーズです。
同じ目的のものでも様々な機器がありますので、その中から納得のいく性能や価格のものを選びます。

美容機器に関する情報サイト
OEMとOEDって何?

こちらのサイトは、OEMやOEDとは何を意味するものなのか、初心者にもわかりやすく言葉の意味についてご紹介します。これらは美容機器の製造におけるミニ知識として把握しておきたい部分で、他にも切削加工や研磨加工などの意味や特徴についても触れていきます。なお、このような設備は主にエステサロンなどのお店で導入が行われるけれども、人の体に作用される製品になるので法律に関してもある程度把握が大切ですし、家庭用タイプは出荷台数が多くなることから量産ができる工場で生産されるケースが多いのです。

Search