OEMって何?研磨加工や切削加工とは?美容機器の製造におけるミニ知識を解説

こちらのサイトは、OEMやOEDとは何を意味するものなのか、初心者にもわかりやすく言葉の意味についてご紹介します。
これらは美容機器の製造におけるミニ知識として把握しておきたい部分で、他にも切削加工や研磨加工などの意味や特徴についても触れていきます。
なお、このような設備は主にエステサロンなどのお店で導入が行われるけれども、人の体に作用される製品になるので法律に関してもある程度把握が大切ですし、家庭用タイプは出荷台数が多くなることから量産ができる工場で生産されるケースが多いのです。

OEMって何?研磨加工や切削加工とは?美容機器の製造におけるミニ知識を解説

OEM供給される美容機器は、製品の品質が一定で安心して導入することができるメリットがあります。
販売側も、OEM製品は自社ブランドとして販売ができますが、ここで問題になって来るのは製造する美容機器にはそれぞれ最小ロットがあり、小ロットでは対応して貰えないケースもゼロではありません。
また、サイト内では300から対応などのように記載してあっても実際にオーダーしたときには3,000からの対応などのケースもあります。

美容機器にはOEM供給が行われるものもあるけど製造会社はどこ?

美容機器は利益率も非常に高く、オリジナルの商品を製造することができればかなりの収益が期待できます。
しかし良いアイデアがあっても、それを製品化する能力がなければ意味がありません。
アイデアはあるけども製品にすることができないという場合には、OEM供給を行っているメーカーを活用することをお勧めします。
美容機器のOEM製造会社としては、Bplusが有名です。
こちらは自社で開発や販売を行っている会社です、開発スキルが高いだけでなく販売ノウハウも備えています。
ネットワークも幅広く、製造ラインは中国のメーカーと提携しているので安く量産化できるのも強みです。
自社開発で培ったノウハウもありますから、売れる製品の提案をしてもらうのも良いでしょう。
プラスチック部品の加工に強いのが日光精器です。
家電製品や自動車の部品など実績が幅広く、医療機器製造許認可取得の自社工場も備えています。
薬事法に基づいた製品の開発や設計にも対応していますから、安全性が確立された製品を依頼したいときに便利です。

OEM供給される美容機器は製造会社のノウハウが集まっている

最近の美容機器の中には、様々な大手美容器具メーカーから発売されているものが多いのですが、その中には自社だけではその技術を十分に網羅できずに、専門的な能力を持っている製造会社からOEM供給されているものも少なくありません。
これらの機器の中にはOEM供給を行っている製造会社のノウハウが集まっているものとなっていることから、その技術は特許等で守られていることが多いものです。
最近では特にサロンなどで使用する美容機器の多くは複数の機能を持っているものが多く、その一つ一つの技術をすべて発売する会社だけで網羅する事は難しい場合が少なくありません。
しかも技術の革新が非常に速いスピードで行われているために、最先端の機能を搭載しなければなかなか売れ行きが芳しくならないのが実態です。
そのため大手メーカーでは様々な技術を相殺するためにその技術を所有する製造会社からOEM供給を受けているのが実態で、これらの技術は様々な権利に関する法律で守られているものとなっています。

自社製造よりもコストを抑えることができるOEMの美容機器

美容機器を低コストで製造したいという場合、OEMを利用することができます。
これはOriginal Equipment Manufacturingの略語で、他社ブランドの製品を製造することを指します。
通常では企業や工場は、自社ブランドの製品を製造しますが、これは別に決められたものではありません。
他社からの委託を受けて製造し、その製品に相手側のブランド名をつけること自体は通常の商取引の一種であり、今ではごく普通に行われています。
美容機器だけではなく衣料品、食品、家電製品、自動車部品など、その範囲も多種多様です。
委託する側のメリットは言うまでもなく自社工場を持っていなくても製造できることです。
工場を建設したり維持管理したりするにはコストがかかり、特に新規参入したばかりの会社にとっては決して容易なことではありません。
一方で受託者にとっても、設備に余裕がある限りは他社の依頼を受け入れることで稼働率をアップさせることができます。

業務用の美容機器は1台に備わっている機能も多いので製造工程も複雑

美容機器には自宅で使うことができる簡易的な商品から、お店で利用することになる業務用の商品まで揃っています。
基本的に業務用の美容機器のほうが複雑な作りになっており、搭載されている機能が多い分だけ安定した品質で製造するのが難しい特徴があります。
そのため実際に製造を依頼する場合は、最初に機能などの内容を話し合わないといけませんし、対応してくれるのかしっかりと聞いておくのが大切です。
仕事で使用することになりますから、お客さんの肌などにトラブルが起きると訴訟問題にも発展しますから、質の高い製品に仕上げてくれる業者を活用するのが重要になります。
専門的に美容機器の開発や製造を担っている業者も日本には存在しますから、実績が豊富な業者を利用することで安定した品質で製品を確保することが可能です。
実績が豊富なところは無駄なコストを削減することで、リーズナブルな料金設定でサービスを提供している特徴がありますから、質が高いだけでなくお得にサービスを活用できる可能性もあります。

切削加工は美容機器製造においての品質に影響を与えるもの

美容機器を製造するためには、工場でさまざまな加工処理をする必要があります。
こうした加工処理を十分な時間をかけておこなうことにより、質の高い製品を作ることが可能になります。
美容機器を製造するために利用されている加工方法にはさまざまな種類があり、製造したい製品の種類によって、必要となる加工の方法も違ってきます。
多くの美容機器を製造するためにおこなわれているのは、切削加工です。
こうした種類の加工がおこなわれることが多いのは、製品の品質に大きな影響を与えることができるからです。
製品の性能に大きな影響を与えられるだけではなく、製品の外観にも影響を与えることができます。
美容のための機器は性能だけでなく、見た目の良さが重視されることも多いために、優れたデザインの製品を作ることは非常に重要になります。
そのような場合に利用できるのが切削加工です。
製品を切削して加工することにより、おしゃれなデザインの製品も簡単に作ることができます。

研磨加工は美容機器の切削加工後に行う光沢を出すための製造工程

美容機器の製造加工というと質感がポイントになりますが、研磨加工もその1つで実はとても大事だといえるのではないでしょうか。
研磨加工は文字通り磨いて仕上げる方法のことで、美容機器だと手で触れたり目に見える部分が対象となります。
プロセス的には切削加工の後に行われるもので、つまりは素材から形が作り出された次の段階で、機械を使うなどして磨きが掛けられるわけです。
研磨は使用するものや磨き方によって仕上がりが大きく変わりますから、予め具体的にどういった質感に美容機器を仕上げたいかイメージを明確化しておくことが大事です。
番手の小さいヤスリをイメージすると分かりますが、ツルツルと指が滑る光沢ある仕上がりになります。
逆に大きな番手だと目が粗いので、光が乱反射してそれほど光沢を感じさせる仕上がりにはならないです。
しかしつや消しで落ち着いた質感ですから、高級感を持たせたい場合に適していますし、光沢仕上げと使い分けられるのではないでしょうか。

家庭用美容機器は500~1000ロットが製造の目安

美容機器は精密であるにも関わらず汎用性の低い独特の形状をした部材を使用することが多く、生産する際には作業工程も増加します。
また、例えば光脱毛やレーザー脱毛をする機器では照射する光の安全基準も厳しく、しっかりとした動作テストや検品も必要になります。
従って小ロットでの製造は難しく、少なくとも500から1000ロットが目安とされています。
そのため、まずは小ロットで製造して市場の様子を見てから徐々に在庫を増やしていくという手法は難しく、最初から一定数を完売する必要があります。
事前にしっかりとしたマーケティングを実施してニーズを把握したり、それに合わせた美容機器のコンセプトを作成し、コストと性能のバランスを考慮するだけではなくプロモーションも重要で、決して不良在庫を出さずに売り切ることが大切です。
美容機器の製造販売のビジネスを成功させるには何より販売数が重要で、500ロット以上を売り切るだけの販売ルートの確保が鍵を握っています。

美容機器はメーカーに対して何をサポートして欲しいのかで製造の依頼先が変わる

美容機器と一言で言っても様々な種類があります。
また、製造メーカーによって得意なジャンルがあり、機能も様々です。
納得できる製品を作るための依頼先を選ぶためには、自分が求めている機能を明確にしなくてはなりません。
たとえば美容院との取引が多い頭皮ケアに強いメーカーと、エステサロンに導入されるような顔のシミ、たるみケアもボディの痩身効果など1台で全身のボディケアができる機器が得意なメーカーでは、同じ依頼をしてもこだわるポイントが違うことが分かると思います。
どの部分を重点的にケアしてくれる美容機器を作りたいか、どのような人に使用してもらいたいのか、この2点がはっきり決まっていれば、おのずと依頼先の選定もしやすくなるのではないでしょうか。
例として、フェイシャルケアをサポートできる美容機器を想定するとしても、スチーマーやミスとなどで保湿やうるおい成分の浸透をサポートする製品や、エイジングケア全般に効果のある製品等、各メーカーがこだわっているジャンルをリストアップして依頼先を選定していく必要性があるといえます。

美容機器のOEMメーカーのスキルは製造実績はもちろん取引・販売実績なども確認

美容機器の製造の委託を検討するのであれば、OEMメーカーの選定の際に、スキルは勿論のこと、製造実績や取引に販売実績なども全て確認することが大事ではないでしょうか。
OEMメーカーは委託を受けて美容機器の製造を行う企業のことですから、設備や環境が整っているのは大前提です。
その上で、高品質かつ不良率の少ない製造ができるか、過去にどのような美容機器を扱い作ってきたかという実績も重要です。
比較的新興のOEMメーカーで実績に乏しいと、少量のテスト的な委託ならともかく、主力商品を大々的に任せることはできないです。
しかしその分、他社より安く引き受けてくれる可能性はあるので、上手く使い分けることができれば交渉次第でお得に美容機器が作れます。
他にも確認すべきは過去に他社と揉めたことはないか、トラブルが発生したとしたらどのように解決したかなども要確認です。
いずれにせよ、OEMメーカーはただ名前や知名度で選べば良いというものではなく、しっかりと実力を確認してから正式に相談や依頼を決めるべきではないでしょうか。

美容機器に関する情報サイト
OEMとOEDって何?

こちらのサイトは、OEMやOEDとは何を意味するものなのか、初心者にもわかりやすく言葉の意味についてご紹介します。これらは美容機器の製造におけるミニ知識として把握しておきたい部分で、他にも切削加工や研磨加工などの意味や特徴についても触れていきます。なお、このような設備は主にエステサロンなどのお店で導入が行われるけれども、人の体に作用される製品になるので法律に関してもある程度把握が大切ですし、家庭用タイプは出荷台数が多くなることから量産ができる工場で生産されるケースが多いのです。

Search