OEMって何?研磨加工や切削加工とは?美容機器の製造におけるミニ知識を解説

こちらのサイトは、OEMやOEDとは何を意味するものなのか、初心者にもわかりやすく言葉の意味についてご紹介します。
これらは美容機器の製造におけるミニ知識として把握しておきたい部分で、他にも切削加工や研磨加工などの意味や特徴についても触れていきます。
なお、このような設備は主にエステサロンなどのお店で導入が行われるけれども、人の体に作用される製品になるので法律に関してもある程度把握が大切ですし、家庭用タイプは出荷台数が多くなることから量産ができる工場で生産されるケースが多いのです。

OEMって何?研磨加工や切削加工とは?美容機器の製造におけるミニ知識を解説

OEM供給される美容機器は、製品の品質が一定で安心して導入することができるメリットがあります。
販売側も、OEM製品は自社ブランドとして販売ができますが、ここで問題になって来るのは製造する美容機器にはそれぞれ最小ロットがあり、小ロットでは対応して貰えないケースもゼロではありません。
また、サイト内では300から対応などのように記載してあっても実際にオーダーしたときには3,000からの対応などのケースもあります。

美容機器にはOEM供給が行われるものもあるけど製造会社はどこ?

美容機器は利益率も非常に高く、オリジナルの商品を製造することができればかなりの収益が期待できます。
しかし良いアイデアがあっても、それを製品化する能力がなければ意味がありません。
アイデアはあるけども製品にすることができないという場合には、OEM供給を行っているメーカーを活用することをお勧めします。
美容機器のOEM製造会社としては、Bplusが有名です。
こちらは自社で開発や販売を行っている会社です、開発スキルが高いだけでなく販売ノウハウも備えています。
ネットワークも幅広く、製造ラインは中国のメーカーと提携しているので安く量産化できるのも強みです。
自社開発で培ったノウハウもありますから、売れる製品の提案をしてもらうのも良いでしょう。
プラスチック部品の加工に強いのが日光精器です。
家電製品や自動車の部品など実績が幅広く、医療機器製造許認可取得の自社工場も備えています。
薬事法に基づいた製品の開発や設計にも対応していますから、安全性が確立された製品を依頼したいときに便利です。

OEM供給される美容機器は製造会社のノウハウが集まっている

最近の美容機器の中には、様々な大手美容器具メーカーから発売されているものが多いのですが、その中には自社だけではその技術を十分に網羅できずに、専門的な能力を持っている製造会社からOEM供給されているものも少なくありません。
これらの機器の中にはOEM供給を行っている製造会社のノウハウが集まっているものとなっていることから、その技術は特許等で守られていることが多いものです。
最近では特にサロンなどで使用する美容機器の多くは複数の機能を持っているものが多く、その一つ一つの技術をすべて発売する会社だけで網羅する事は難しい場合が少なくありません。
しかも技術の革新が非常に速いスピードで行われているために、最先端の機能を搭載しなければなかなか売れ行きが芳しくならないのが実態です。
そのため大手メーカーでは様々な技術を相殺するためにその技術を所有する製造会社からOEM供給を受けているのが実態で、これらの技術は様々な権利に関する法律で守られているものとなっています。

自社製造よりもコストを抑えることができるOEMの美容機器

美容機器を低コストで製造したいという場合、OEMを利用することができます。
これはOriginal Equipment Manufacturingの略語で、他社ブランドの製品を製造することを指します。
通常では企業や工場は、自社ブランドの製品を製造しますが、これは別に決められたものではありません。
他社からの委託を受けて製造し、その製品に相手側のブランド名をつけること自体は通常の商取引の一種であり、今ではごく普通に行われています。
美容機器だけではなく衣料品、食品、家電製品、自動車部品など、その範囲も多種多様です。
委託する側のメリットは言うまでもなく自社工場を持っていなくても製造できることです。
工場を建設したり維持管理したりするにはコストがかかり、特に新規参入したばかりの会社にとっては決して容易なことではありません。
一方で受託者にとっても、設備に余裕がある限りは他社の依頼を受け入れることで稼働率をアップさせることができます。

業務用の美容機器は1台に備わっている機能も多いので製造工程も複雑

美容機器には自宅で使うことができる簡易的な商品から、お店で利用することになる業務用の商品まで揃っています。
基本的に業務用の美容機器のほうが複雑な作りになっており、搭載されている機能が多い分だけ安定した品質で製造するのが難しい特徴があります。
そのため実際に製造を依頼する場合は、最初に機能などの内容を話し合わないといけませんし、対応してくれるのかしっかりと聞いておくのが大切です。
仕事で使用することになりますから、お客さんの肌などにトラブルが起きると訴訟問題にも発展しますから、質の高い製品に仕上げてくれる業者を活用するのが重要になります。
専門的に美容機器の開発や製造を担っている業者も日本には存在しますから、実績が豊富な業者を利用することで安定した品質で製品を確保することが可能です。
実績が豊富なところは無駄なコストを削減することで、リーズナブルな料金設定でサービスを提供している特徴がありますから、質が高いだけでなくお得にサービスを活用できる可能性もあります。

美容機器に関する情報サイト
OEMとOEDって何?

こちらのサイトは、OEMやOEDとは何を意味するものなのか、初心者にもわかりやすく言葉の意味についてご紹介します。これらは美容機器の製造におけるミニ知識として把握しておきたい部分で、他にも切削加工や研磨加工などの意味や特徴についても触れていきます。なお、このような設備は主にエステサロンなどのお店で導入が行われるけれども、人の体に作用される製品になるので法律に関してもある程度把握が大切ですし、家庭用タイプは出荷台数が多くなることから量産ができる工場で生産されるケースが多いのです。

Search